ふじがやくんとであったおはなし

2017/6/25をもって、ふじがやくんこと藤ヶ谷太輔くんがなんと30歳になりました!!!

みそじだよ!ビバ!みそじ!

 

ふじがやくんは妖精界の住人なので本当は永遠の17歳なんだけど、まあ一応人間界では30歳ってことになってるんだよね、、、うんうん、、、

 

これだけ長く応援してきて初めて年代が変わるという節目に立ち会えたのでとても嬉しい気持ちです。

 

はてブロはずっと書こう書こうと思って登録したまま放置してたので、この節目に始めちゃいま〜す、いぇ〜い

140字で語れないことを書いていくのでみんな温かい目で見てやってください、、!

 

ところで!そうそう!ふじがやくんが!みそじね!

 

もう人生の三分の一以上終わってしまったのか〜なんともいえないな〜

 

 

 

 

 

①わたしとふじがやくんの出会い

 

わたしが初めてふじがやくんを認識して好きになったのが2011年8月10日のキスマイデビューイベントのWSです。

それまで美咲ナンバーワン!!とかにも出ていたふじがやくん、わたしも少し見ていたけど正直一切好きだとは思わなかった。

 

それが突然、え!好き!ってなるからびっくりだよね

 

f:id:ozaaayeah:20170626073505j:image

 

なにこの人!?車の上に立ってる!意味わからん!そして真ん中の人めっちゃ黒いけどなんか推せる!!!

 

そのあと確かMステか何かを見て完全に堕ちました。

 

歌声、だったんだよね。

 

もちろんお顔も大好きなんだけど、それ以上に声が好きだった。

しっとりバラードもラップもポップスもなんでも。

あ、これこれ、この声だ、って。

 

あと、指先。

 

ダンスのしなやかさ。

 

たったひとつの歌番組で全部が好きになった。

 

まあ第一ふじがやくんのお顔はわたしの好きな顔のタイプとは全然違う訳だし、顔だけでここまで来るわけがありませんね。

 

(何度でもいいますが、好きな顔のタイプは山田涼介・真剣佑・白濱亜嵐です、超美形大好き面食いです。)

 

だけど、当時小学生のわたしは自分のSNSがなかったし、携帯も持ってなかったから情報収集手段がなかった。

 

そこで!どうなったのかといいますと!

 

毎週図書館に通って「テレビジョン」を読み漁った。

 

本屋さんで雑誌を立ち読みして、

CDショップの展示を見たり、

テレビでエンタメ情報はもちろんしっかりチェックした。

 

お金も手段もなかったけれど、あのころは自分の出来る範囲でどんどんふじがやくんのこと、キスマイのことを知っていきました。

 

そしてCDやDVDを少ないお小遣いから捻出し徐々にヲタクになっていきました。

 

中学に入ってTwitterと出会い、ふじがやくんを好きなたくさんの人と情報を共有し、深みにはまっていきます。

 

それからやっと親から念願のFCに入る許可をもらったのが中3のときです。

 

 

 

 

②わたしとふじがやくんの初めまして

 

うちの親がヲタクやジャニーズに関して、ましてやキスマイに関して一切の理解がなかったので、FCに入るまでがめちゃくちゃ長かったです。

 

好きになってただがむしゃらなヲタクになり、4年たった2015年です、やっとFCに入りました。

 

そして人生初めてのライブに。

 

いやね、「中3で初ライブ!?こんなにヲタクかましてるくせに遅くない!?」って思ったでしょ、、、

そうなんですよ、しっかりヲタデビューしたのなんだかんだ最近なんですよ。

それくらいうちの両親はヲタクに理解がなかったし、本当に説得できたことが奇跡ですね。

 

初めてのライブは今でも忘れません、2015年9月19日 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR KIS-MY-WORLD@東京ドーム です。

 

まず会場に着いてびっくりしたこと。

 

人が多い。

 

とにかくめちゃくちゃ人が多い、バカみたいに人が多い。

 

そしてみんなアホみたいに楽しそう。

 

日本中のパッパラパーなガールズが集結してしまったのでは!?っていう感じでした。

 

(まさか自分もそうなるとはつゆ知らず)

 

開場して、中に入るとステージが見えて、55000人もの人がそこにはいて、きっと同じ会場のどこかにキスマイが待機していて、そこにはわたしが宇宙一愛するふじがやくんがいると思うと

 

めちゃくちゃお腹がいたくなりました。

 

いつもそう!もう!ドキドキしてくるとめちゃくちゃお腹痛くなるの!さいあく!

 

そんなこんなでソワソワしていると、ドーム内のライトが消えて、ヲタクたちが一斉に立ち上がり、叫び始めました。

 

なんだこの不思議な空間は!

 

めちゃくちゃ楽しい!

 

ああああああああむりむりむりむりむり!!!

 

すぐにオープニング映像が流れ、ペンライトとうちわを握りしめ双眼鏡を首にかけ、ヲタク必須グッズ完全装備でバクステ正面上段に立っていました。

 

やばいやばい、もうまだ始まってもないのにめちゃくちゃ楽しい好きすぎるすでに帰りたくない、そしてこんな大勢の観客を沸かせてくるキスマイとは一体何者なのむりむりむりむりry

 

すると、アルバムのリード曲のイントロが流れ始め、

 

真上からふじがやくんが、キスマイが、降りてきました。

 

えええええええええええええええ!高いよ!

そうそう、ジャニーズお得意のフライングですよ。

どんだけ高く飛んでんだよ。

 

待って待ってやばい、ふじがやくん生きてる!?

え!ふじがやくんって生きてるの!?うそやん!?

やばやばやばい、同じ空気吸ってしまっている!!?!?は!!!!すき!!!!!

 

わたしにとって二次元でしかなかったふじがやくんに質量が与えられました、アーメン。

 

 

初めての生ふじがやくんの瞬間です。

奇跡ですよ、人類のきせきですよ。

人生で、初めてこんなに強く生きててよかったと思いました。(合掌)

 

そして思ったより近い!もう遥か彼方にいらっしゃると思ったのに肉眼で存在が確認できている。

うわああああん!

 

それからあっというまの2時間がすぎ、終わった瞬間完全にキスマイロスでした。

 

そして、ライブは一度じゃあ足りないと思いました。

 

そこから皆さんご存知の通りわたしのライブ三昧が始まり、キスマイのライブに関しては2回も3回も行くようになりました。

 

 

 

③わたしとふじがやくんのそれから

 

まあもうここはそんなに書くところじゃないよね、だってみんな知ってるもんね。

 

そうですそうです〜どんどん沼にハマっていったヲタクですどうも〜〜〜

 

Twitterで会った知らん人と遊んでふじがやくんについて語ったり

放心状態でDVDキャプったり

わけもなくふじがやくんのうちわと自撮りしたり

ニューシングルの看板見るためだけに放課後渋谷に行ったり

ロッカーの中をふじがやくんの写真で埋め尽くしたり

 

めちゃくちゃたのしい。

本当にバカになってめちゃくちゃたのしい。

文字通り偏差値もどんどん下がっていったけどその何倍もたのしい日々でした。

しあわせ。

 

ふじがやくんのせいでクソジャニヲタになったおかげで、クラスや学年のジャニヲタたちと謎の団結感を深め、ヲタ会なるものを開いて渋谷にくりだしたりしました。

 

 

 

 

 

数年前のわたしだったら、まさか同じCDを全形態買ったり、1回のライブに3回も行って諭吉4人もいなくなるのにヘラヘラしてるような人になるとは、考えられませんでした。クソ。たのしい。

 

めちゃくちゃ顔が好きなわけでもないしめちゃくちゃ才能があるとかなんとかじゃないのにこんなに好きになれて幸せです。

 

お金も時間もないしときどき辞めたい〜ヲタクつらい〜ってなるけど、嫌いになったことはありません。

 

次の節目も笑顔でお祝いできますように。

 

え!!!でも次の節目ってふじがやくん40歳でわたし27歳じゃん!?そろそろまじで結婚しなきゃなときじゃん!!!誰かもらってくれ〜〜〜

 

いつも笑顔と幸せと元気を、ありがとう。

今までもこれからも大好きです。

がんばりすぎないで、素敵な30代を送ってください。

 

30歳のお誕生日、おめでとう。

 

2017/06/25